白川流域住民交流センター 白川わくわくランド 白川ただいま生中継!
白川わくわくランドとは?館内のご案内わくわくカレンダーどこにあるの?
みんなで作る白川情報室わくわく写真館しらかわ広報誌のご紹介キッズリンク&リンクお役立ち情報
  HOME > 新着情報 What's new
新着情報 What's new

            白川わくわくランド寺子屋
              「白川わくわくランド周辺ハイキングと災害を防ぐ工夫」
            
〜春の訪れを待つ河川敷の観察と水防災の工夫について〜

オリエンテーション 子飼橋の架け替え
野草を観察 ツクシ、ヨモギ、センダンの実
野鳥観察 大井出とホタル
石刎 水の流れを観察 ヨモギ団子づくり
ヨモギ団子づくり ヨモギ団子 出来上がり

【日   時】  平成26年3月15日(土) 9:00〜12:00

【主   催】  白川地域防災センター(白川わくわくランド)

【参加対象】  小学生以上

【参 加 費】  200円(保険代、材料代)

【参 加 者】  10名

【内 容】
 雲一つない晴天の下、オリエンテーション後準備運動をしていよいよハイキングに出発です。春は何といっても気持ちがいいものです。迎えてくれた自然の草花や樹木、鳥たちまでもが待ちにまった春の訪れを喜んでいるように感じられました。
 最初に、小飼橋上流右岸下に降りて架け替え工事の話、60年前の水害で氾濫を起こした原因といわれる小飼橋の橋脚数の話などを聞きました。
 それからハイキング目的の一つである白川の「食べられる植物」の観察・採集を始めました。いろいろな種類の植物がわれ先にと芽を出していました。アブラナ、カラシナ、スイバ、ホトケノザの花の蜜など少しずつなめたり、かんだりして味をみました。また、他にもツクシ、オオイヌノフグリ、ヨモギやナズナなど確認できました。ツクシはたくさん生えていて一生懸命採りました。ナズナは振ってカラカラする音を聞いて楽しみました。
 また、周りにはいろいろな種類の鳥たちが観察できました。カワラバト・ヒドリガモ・ムクドリ・キジバト・ヒヨドリなど楽しい歌声を聞かせてくれました。観察・採集が楽しく、時間がたつのが分からないくらいでした。折り返し地点の龍神橋を渡り、白川左岸側を下流に向かって歩いていくと、高い堤防やたくさんの石刎が見えてきました。そこで、石刎のはたらきや堤防についている傷などが洪水によってついたことなどを聞きました。
 わくわくランドに着くと、ヨモギと団子粉を使ってヨモギ団子を作りました。思っていたより簡単につくれましたが、それでいてとてもおいしい団子でした。自然のものを利用した料理でより身近に自然を感じることができました。気温も暖かく澄み切った青空のもと、とても自然を満喫できた研修会でした。




ページの先頭へ