白川流域住民交流センター 白川わくわくランド 白川ただいま生中継!
白川わくわくランドとは?館内のご案内わくわくカレンダーどこにあるの?
みんなで作る白川情報室わくわく写真館しらかわ広報誌のご紹介キッズリンク&リンクお役立ち情報
  HOME > 新着情報 What's new
新着情報 What's new

                    白川わくわくランド寺子屋
                「白川の川づくりA 九州北部豪雨をうけて」     
               
      〜小磧橋から明午橋までの工事〜

九州北部豪雨の概要と堤防整備 小磧橋左岸下流の整備について
龍神橋下流左岸の堤防整備について 龍神橋上流右岸の応急復旧工事について
明午橋左岸上流の整備について 明午橋から上流をみる

【日   時】  平成25年6月15日(土) 9:00〜11:40

【主   催】  白川地域防災センター(白川わくわくランド)

【講師・協力】  清本 克章 氏(国土交通省 白川出張所長)
          北ア 芳憲 氏(国土交通省 白川出張 技術係長)

【場   所】  小磧橋〜明午橋

【参加対象】  小学生以上

【参 加 費】  100円(保険代)

【参 加 者】  16名

【内 容】
 平成24711日から14日にかけて、九州北部では記録的な豪雨となったことは記録に新しいものです。特に、12日は白川の世継橋水観測所(熊本市)において、観測開始以来の水位6.32mを記録し、白川流域にも大きな被害をもたらしました。今回は、国土交通省白川出張所長 清本克章氏および技術係長北ア芳憲氏を招き、「災害後の小磧橋から明午橋までの工事」について今後の改修計画および現場見学会を行いました。
 15日(土)は、朝からあいにくの雨でしたが16名の参加がありました。清本所長から、災害後の改修工事計画について説明があり、改修には緊急処置として土嚢を積むステップ1からステップ5まであり、現在は緊急対策における仮の堤防を造り終えるステップ2へ進んでいるとのことでした。説明後、945分白川わくわくランドを出発。最初に小磧橋周辺の工事現場を見学しました。左岸側の応急堤防やビオトープ・水辺公園の今後の利用などについて北ア技術係長から詳しく話を伺いながら見学しました。次に、龍神橋に移り下流左岸側から、左岸下流側堤防設置計画、上流右岸の緊急工事の現状及び龍神橋架け替え工事の計画について説明を聞きました。最後に、明午橋上流左岸の工事現場に入り、左岸上流の堤防設置とパラペット準備工事、川の拡幅工事による明午橋の架け替えについての説明を聞きました。昨年の災害のこともあり、皆さん熱心に参加され質問も多く、今後の改修工事への期待を込めた研修会となりました。




ページの先頭へ