白川流域住民交流センター 白川わくわくランド 白川ただいま生中継!
白川わくわくランドとは?館内のご案内わくわくカレンダーどこにあるの?
みんなで作る白川情報室わくわく写真館しらかわ広報誌のご紹介キッズリンク&リンクお役立ち情報
  HOME > 新着情報 What's new
新着情報 What's new

                    白川わくわくランド寺子屋
                        「白川の川づくりC」     
               
      〜市民生活の中の白川づくり〜

子飼橋架け替え工事の説明 子飼橋架け替え工事の説明
明午橋下流左岸 緑の区間で説明
石垣の施工 銀座橋周辺の様子
大甲橋周辺の様子(下流右岸側) 大甲橋周辺の様子(上流右岸側)

【日   時】  平成25年3月16日(土) 9:00〜12:00

【主   催】  白川地域防災センター(白川わくわくランド)

【講師・協力】  阿部 成二 氏(国土交通省 白川出張所長)
          田渕 禎晃 氏(熊本市 東部土木センター 技師)

【場   所】  子飼橋〜銀座橋

【参加対象】  小学生以上

【参 加 費】  100円(保険代)

【参 加 者】  27名

【内 容】
 白川の川づくりについてシリーズで学ぶ「白川の川づくり」の4回目を行いました。
 今回は、子飼橋から銀座橋の区間で行われている河川工事の現場見学を行いながら、その工事の目的や必要性、工夫、工法について管理者から話を聞きました。
 はじめに、子飼橋架け替えに伴う工事説明を熊本市の田渕氏からして頂きました。工事の目的は、橋の老朽化と渋滞緩和のためという説明がありました。また、橋自体の重さを軽くしたり、コンクリート内部にワイヤーを入れて強度を高くしたりする工夫をする事によってコストを低く品質を確保しているなどの話があった。
 続いて、国土交通省の阿部さんから白川の河川整備について説明を頂きました。まず、白川はH24年の7.12水害の被害をうけあり、洪水を防ぐための河川整備として、洪水時により多くの水を流すことができるように川幅を広げたり、堤防を高くする工事が急ピッチで進められている事について話がありました。
 これらの河川整備の中で、自然環境への配慮や景観への配慮、工夫についても話がありました。緑の区間やその周辺では、樹木を残した堤防づくりや風景になじむように石垣を用いた堤防づくりについて詳しく説明がありました。
 参加者からは、普段はフェンス等で囲まれて見ることが出来ない工事現場を自分自身の目で見られた事や堤防の内部(施工段階の様子)を見られたこと、これらの現場の事について詳しく説明あったので分かりやすかった等の声を聞くことが出来ました。




ページの先頭へ