白川流域住民交流センター 白川わくわくランド 白川ただいま生中継!
白川わくわくランドとは?館内のご案内わくわくランドの取り組みわくわくカレンダーどこにあるの?
みんなで作る白川情報室わくわく写真館しらかわ広報誌のご紹介キッズリンク&リンクお役立ち情報
  HOME > 新着情報 What's new
新着情報 What's new

                白川わくわくランド寺子屋
                   「白川の川づくり@ 小磧橋周辺の白川」
                    
 〜歴史の流れの中で白川を視る〜

つつじヶ丘横穴群 横穴の形について
横穴の分布 出土品について
横穴見学 小磧水辺公園の紹介
環境に配慮した川づくり 治水への工夫

【日   時】  平成23年5月21日(土) 9:00〜12:00

【主   催】  白川地域防災センター(白川わくわくランド)

【講   師】  阿部 成二 氏(国土交通省 白川出張所長)
          美濃口 雅朗 氏(熊本市役所 文化財課 埋蔵文化財調査室 文化財保護主事)

【場   所】  白川 小磧橋周辺

【参加対象】  高校生以上 

【参 加 費】  100円(保険代)

【参 加 者】  19名 

【内 容】
 今年度も白川の歴史や文化、自然環境、防災などについて3回シリーズで学ぶ「白川の川づくり」を行いました。
第1回は、白川・小磧橋周辺における川と人間の関わりや川づくり(河川工事、グランドワーク活動)について学びました。
 はじめに、熊本市黒髪にあるつつじヶ丘横穴群で美濃口氏より横穴群や古墳時代における人の生活様式などについて説明いただきました。多くの出土品紹介や当時の埋葬方法の説明から当時の生活様式が良くわかりました。
 次に、熊本市渡鹿の小磧水辺公園では、阿部氏より小磧水辺公園周辺における河川工事の紹介や小磧水辺公園におけるグランドワーク活動の紹介がありました。
 ここの場所はもともと、水辺に近づきにくかった場所を水辺まで近づけるようにH14年に整備が行われ、生き物に配慮をしたワンド(河川の一部を入江のように掘り、川の流れの一部に変化をもたせる)が設けられていること。H23年3月に堤防工事が終了し、平常時には高水敷を市民が利用しやすいよう整備されたことの説明がありました。
 また、この場所では地域住民や東海大学、青年会議所、河川管理者が一緒になって行う協働作業「グランドワーク」活動が定期的に行われ、今までに東屋、カヌー坂路、ベンチ、掲示板などを作成したり、維持管理の清掃をしたりしていることの紹介がありました。
 



ページの先頭へ