白川流域住民交流センター 白川わくわくランド 白川ただいま生中継!
白川わくわくランドとは?館内のご案内わくわくランドの取り組みわくわくカレンダーどこにあるの?
みんなで作る白川情報室わくわく写真館しらかわ広報誌のご紹介キッズリンク&リンクお役立ち情報
  HOME > 新着情報 What's new
新着情報 What's new

                    白川わくわくランド寺子屋
                         「白川の川づくりB」
                        
〜代継橋から子飼橋〜

大甲橋右岸下流からスタート 代継橋
河川敷のツクシ 堤防づくりの様子
緑の区間説明 石垣の工夫
緑の区間を歩く 子飼橋の架け替え工事

【日   時】  平成23年3月26日(土) 9:00〜12:30

【主   催】  白川地域防災センター(白川わくわくランド)

【講   師】  阿部 成二 氏(国土交通省 白川出張所)

【場   所】  白川 代継橋から子飼橋

【参加対象】  高校生以上 

【参 加 費】  100円(保険代)

【参 加 者】  19名 

【内 容】
 今回の寺子屋は、平成22年度の「白川の川づくり」シリーズ第3回になります。代継橋から子飼橋までの区間を歩きながら見学しました。
 始めに、大甲橋右岸から代継橋にかけて歩いてスタートしました。途中、安政橋や銀座橋、新代継橋、病院橋の橋脚跡など橋の歴史や構造について説明を聞きました。
 代継橋を渡り、左岸白川沿いを子飼橋に向けて歩きながら、途中の井手の口(安政橋下流左岸側)、緑の区間(大甲橋から明午橋の区間・左岸側)、子飼橋の見学を行いました。緑の区間では、治水対策として川幅の拡張工事が行われており、これに伴う堤防づくりとして矢板を利用した堤防や石垣を使った堤防づくり、緑を残した河川空間づくりの様子を見学しました。
 最後の見学場所、子飼橋では、橋の架け替え工事の目的や現在実施している工事の手法、工夫、今後の行程などについて話がありました。
 川沿いを歩いてみると、想像以上に多くの工事が行われている事に気づきました。また、工事の目的やその工夫について説明を聞くことによって今後の展望、これからの川づくりを考えるきっかけになったと感じます。



ページの先頭へ